トップページ  »  資格大辞典トップ  »  電気・通信関連の資格  » 航空無線通信士

資格大辞典

電気・通信関連の資格
 
航空無線通信士
 
内容

航空無線通信士は、航空機に設置されている航空機局や、航空機と通信するために地上に設置される航空局の無線設備を操作するために必要な資格です。航空会社のパイロット、航空交通管制官などの職種には必須の資格になります。上空のパイロットに、地上無線局から無線通信を介して安全な飛行ができるようにサポートします。就職にも有利な資格です。

受験資格

 特になし。

試験内容

多肢選択式(電気通信術を除く)
①無線工学
②法規
③英語
④電気通信術 (電気通信術の試験日時は受験票に指定される)

〈操作範囲〉:航空機に排泄された無線局またはこれらと通信を行うために開設された無線局

〈主な利用分野〉
①航空機相互間、または航空機と地上の無線局との通信
②航空機の航行のための無線設備

受験料

9,050円

問合せ先

(財)日本無線協会
〒104-0053 東京都中央区晴海3-3-3
TEL 03-3533-6022
URL:http://www.nichimu.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ