トップページ  »  資格大辞典トップ  »  電気・通信関連の資格  » 陸上特殊無線技術士

資格大辞典

電気・通信関連の資格
 
陸上特殊無線技術士
 
内容

陸上特殊無線技士は、陸上特殊無線技士は第一級陸上特殊無線技士と第二級陸上特殊無線技士、第三級陸上特殊無線技士、国内電信級陸上特殊無線技士があります。第二級は、タクシーやパトカーなど陸上を移動する無線局に指示を出す基地局などの無線設備を操作するための資格です。第一級は、電気通信事業会社などに設置されている多重無線設備を使用した固定局などの無線設備を操作するための資格です。

受験資格

特になし。

試験内容

【3級】
①無線工学(無線設備の取扱い方法)
②法規(電波法およびこれにもとづく命令の概要)
    
【2級】3級に同じ

【1級】
①無線工学(多重無線設備、空中線系等の理論・構造・機能の概要 ほか)
②法規(電波法およびこれにもとづく命令の概要)
 
【国内電信級】
①電気通信術(モールス電信)
②法規(電波法およびこれにもとづく命令の概要)

*各級の操作葉には以下のとおり
【3級】各種業務の小規模基地局などの陸上移動無線
【2級】警察、消防、タクシー、各種無線サービスカーなどの移動無線、衛星通信用小型地球局
【1級】2級の範囲のほか、マイクロ回線など多重無線設備(NTT、KDDI、JR、放送会社、電力会社、防衛省、国土交通省 ほか)

【国内電信級】国内の陸上無線局の無線電信(防衛省、海上保安庁)

*総務大臣の認定した養成課程を修了することで、資格を取得できるシステムがあるが、詳細については(財)日本無線協会に問い合わせること。

受験料

【3・2級】 5,150円 【1級】5,350円 【国内電信級】4,550円

問合せ先

(財)日本無線協会
〒104-0053 東京都中央区晴海3-3-3
TEL 03-3533-6022
URL:http://www.nichimu.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ