トップページ  »  資格大辞典トップ  »  電気・通信関連の資格  » 総合無線通信士

資格大辞典

電気・通信関連の資格
 
総合無線通信士
 
内容

総合無線通信士は、海上・航空・陸上あらゆる無線設備を広範囲にわたって扱うことができる無線通信のスペシャリストです。資格保有者は就職に有利となります。難易度の高い国家資格のひとつです。

受験資格

特になし。

試験内容

試験は電気通信術を除いて、多肢選択(マークシート)式

①無線工学の基礎 ②無線工学A ③英語 ④法規 ⑤無線工学B ⑥地理(2・1級のみ)⑦電気通信術(3級は②、⑤の代わりに無線工学)

各級の操作範囲は以下のとおり

【3級】

①漁船に施設する空中線電力250W以下の無線設備 ②船舶に施設する空中戦電力250W以下、陸上に開設する海上関係無線局の空中線電力125W以下の無線設備など

【2級】

①無線設備の国内通信のための通信操作や船舶地球局、航空機局および航空機地球局の無線設備の国際通信のための通信操作
②船舶に施設する空中線電流500W以下の無線設備や航空機に施設する無線設備、その他放送局を除く250W以下の無線設備など

【1級】

①無線設備の通信操作 ②船舶および航空機に施設する無線設備の技術操作 ③①、②に掲げる操作以外の操作で、2級陸上無線技術士の操作の範囲に属するもの

*科目合格制度があり、免除期間は3年間である。

受験料

【3級】13,150円 【2級】16,750円 【11級】18,850円

問合せ先

(財)日本無線協会
〒104-0053 東京都中央区晴海3-3-3
TEL 03-3533-6022
URL:http://www.nichimu.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ