トップページ  »  資格大辞典トップ  »   工業・設備・溶接関連の資格  » アルミニウム溶接技術検定

資格大辞典

工業・設備・溶接関連の資格
 
アルミニウム溶接技術検定
 
内容

アルミニウム溶接技術検定は、アルミニウムの溶接の資格です。アルミニウム合金は、軽くて強いのでさまざまな構造物や化学装置などで利用されているため、利用範囲は拡張され、溶接技術も自動化されてきたが、細かい手作業でなければ出来ない箇所も多く、手作業による溶接技術が求められています。検定はその技量を測る目安とされています。試験は基本級と専門級があり、学科試験と実技試験に分かれています。

受験資格

【基本級】
①3ヶ月以上アルミニウムの溶接技術を習得した満15歳以上の者
②(社)軽金属溶接構造協会の実技講習会で修了証を取得した者

【専門級】
6ヶ月以上アルミニウムの溶接技術を取得した満15歳以上の者で、対応する基本級の資格を有している者

試験内容

〔学科〕
①溶接用アルミニウム合金材料の概要
②溶加材と溶接部の性質の概要
③溶接施工法の概要 ほか

〔実技〕
溶接方法はティグ溶接とミグ溶接の突合せ溶接で、それぞれ板は薄板・中板・厚板・管は薄肉管・中肉管・厚肉管に区分され、試験材から曲げ試験片を採取して表曲げ、裏曲げまたは側曲げなどの曲げ試験を行い、審査する

【基本級】各種板の下向き
【専門級】各種板の立・横・上向きおよび各種固定管

受験料

〔学科〕1,050円 

〔実技〕4,200円~18,200円(各税込)ほかに教材費・消耗品費などが必要な場合がある

問合せ先

(社)軽金属溶接構造協会
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-37-23 由良ビル
TEL 03-3863-5545
URL:http://www.jlwa.or.jp

 

← 前の資格
 

 

 

 
ページの先頭へ