トップページ  »  資格大辞典トップ  »   工業・設備・溶接関連の資格  » 技術士 (補)

資格大辞典

工業・設備・溶接関連の資格
 
技術士 (補)
 
内容


技術士は、技術士法に基づいて行われる国家試験(技術士第二次試験)に合格し、登録した人だけに与えられる名称独占の資格です。「科学技術に関する技術的専門知識と高度な応用能力及び豊富な実務経験を有し、公益を確保するため高い技術者倫理を備えていること」を国によって認められた技術者であり、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある資格です。文部科学省に登録されるプロのエンジニアとして独立開業も可能です。

受験資格

【技術士第一次試験(技術士補)】

誰でも受験できる
【技術士第二次試験(技術士)】

技術士補となる資格(技術士第一次試験合格者およびそれと同等と認められる者)を有し、次の①~③のいずれかに該当する者

①技術士補として技術士を補助した経験が4年を超える者
②第一次試験合格後、優れた指導者の監督のもとで、経験が4年を超える者
③科学技術に関する計画、研究、設計、分析、試験または評価などの指導業務経験が第一次試験合格前の業務経験を含め7年を超える者

*総合技術管理部門の受験者は、上記よりもさらに3年の経験年数が必要となる

試験内容

【第一次試験】

全科目多肢択一試験
基礎課目:科学技術全般にわたる基礎知識
適性課目:技術士法第4章(技術士等の義務)
共通課目:数学、物理学、化学、生物学、地学の5科目から2科目を選択
専門科目:20の技術部門(機械、船舶・海洋、航空・宇宙、電気電子、科学、繊維、金属、資源工学、建設、上下水道、衛生工学、農業、森林、水産、経営工学、情報工学、応用理学、生物工学、環境、原子力・放射線)から選択した1部門について

【第二次試験】

筆記試験・口答試験(筆記合格者に対して)が行われる
総合技術管理部門以外:①選択科目(記述式)-選択科目に関する専門知識と応用能力
②必須科目(記述式)-技術部門全般にわたる理論的考察力と課題解決能力
総合技術管理部門:①選択科目-機械から原子力・放射線までの20の技術部門から選択した①部門に対応する、上記の「①選択科目」「②必須科目」と同内容②必須科目-総合技術管理部門に関する専門的知識、技術的体験・応用能力

受験料

【第一次試験】11,000円 【第二次試験】14,000円

問合せ先

(社)日本技術士会技術士試験センター
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル
TEL 03-3459-1333
URL:http://www.engineer.or.jp/

 

次の資格 →
 

 

 

 
ページの先頭へ