トップページ  »  資格大辞典トップ  »   工業・設備・溶接関連の資格  » 冷凍空調技士

資格大辞典

工業・設備・溶接関連の資格
 
冷凍空調技士
 
内容

冷凍空調技士は、冷凍・冷房用の機器装置の設計・製造・施工などを行う技術者を認定する資格です。第1種と第2種があり、第1種を取得すると、冷凍・冷房用の機器装置製造時に必要とされる「装置検査員」「特別装置検査員」の任命を受けることができます。職域と任務が拡大されつつある今、注目されている資格です。

受験資格

【第2種】誰でも受験できる。ただし、合格後、認証されるには、冷凍・冷蔵・空気調和その他低温・高温発生機器ならびにこれらにかかわる装置等の研究・開発・設計・製造・管理・調査・鑑定・教育などの関連業務、または高圧ガス保安法に規定されている冷凍施設に関する実務経験が2年以上ある者

【第1種】

①第2種に定めるところの経験が4年以上ある者
②大学、短大、高専において工学または理学を修めて卒業し、またはこれと同等以上の学力を有し、冷凍施設に関する実務経験が4年以上ある者
③第2種合格後、冷凍食空調技士の登録をし、冷凍施設に関する実務経験が1以上ある者ほか

試験内容

【第2・1種】
理論(2時間):冷凍サイクルと圧縮機、伝熱および熱交換 ほか
技術(2時間):冷凍装置の設計計算、空気調和機器 ほか
   
*試験実施前に受験準備講習会が、東京、名古屋、大阪、福岡において、1月下旬~2月上旬に実施される

受験料

【第2種】10,000円 【第1種】10,000円 登録料:【第2種】5,000円 【第1種】7,000円

問合せ先

(社)日本冷凍空調学会
〒160-0008 東京都新宿区三栄ビル
TEL 03-3359-5231
URL:http://www.jsrae.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ