トップページ  »  資格大辞典トップ  »   工業・設備・溶接関連の資格  » ガス溶接作業主任者

資格大辞典

工業・設備・溶接関連の資格
 
ガス溶接作業主任者
 
内容

金属の溶接・溶断・加熱といった溶接作業のなかでも、アセチレン溶接装置やガス集合溶接装置を用いて作業するガス溶接は、ガス爆発や火災などの危険がともなうため、特に高度な技術が要求されます。そこで、このような災害・事故を防止するため、適切な作業方法を決定し、作業を指揮・監督するために、ガス溶接作業主任者が配置されています。危険を伴う溶接作業のため、重要な役割のため、社内でも評価が高い資格です。

受験資格

①ガス溶接技能講習を修了した者(ガス溶接技能者)で、その後ガス溶接などの業務に3年以上従事した経験を有する者
②大学または高等専門学校において、溶接に関する学科を専攻して卒業した者
③大学または高等専門学校において、工学または化学に関する学科を専攻して卒業した者で、その後1年以上ガス溶接等の業務に従事した経験を有する者
④構造物鉄工科または配管科の職種に係る職業訓練指導員免許を受けた者
⑤養成訓練(金属成形科)を修了した者
⑥養成訓練(溶接科)、普通職業訓練(金属加工系溶接科)を修了した者で、その後2年以上ガス溶接等の業務に従事した経験を有する者ほか

試験内容

〔筆記〕以下の4科目に関して行う
①アセチレン溶接装置およびガス集合溶接装置に関する知識
②アセチレンその他の可燃性ガス・カーバイドおよび酸素に関する知識
③ガス溶接などの業務に関する知識
④関係法令

受験料

8,300円

問合せ先

(財)安全衛生技術試験協会
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9F 
TEL 03-5275-1088
URL:http://www.exam.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ