トップページ  »  資格大辞典トップ  »   工業・設備・溶接関連の資格  » 溶接作業指導者

資格大辞典

工業・設備・溶接関連の資格
 
溶接作業指導者
 
内容

溶接作業指導者は、作業順序、溶接条件、安全面などの溶接事項を、作業現場で溶接作業者に直接指示・監督、運棒操作を実演して技量指導、溶接技術者の立てた計画を実現させる指導者です。溶接技能は、橋梁から輸送機器まで幅広い分野で求められ、その技能の向上は、わが国の産業・経済の発達にかかわる重要な役割を担っています。


受験資格

満25歳以上で、JIS Z 3801、JIS Z 3805、JIS Z 3811、JIS Z3821、JIS Z 3841に基づいて、または公的な団体が実施し、(社)日本溶接協会がこれと同等と認める金属溶融溶接技術検定制度に基づいて、適格性証明書またはこれに相当する証明証(ボイラー溶接士・石油工業溶接士・MK溶接士技量資格・建築鉄骨溶接技能者技量検定など)を所持している者、または所持していた者(詳細は(社)日本溶接協会に問い合わせる)

*取得方法:(社)日本溶接協会が指定する講習会受講し、学科試験に合格しなければならない。資格取得後の適格性証明書の有効期限は3年間とし、書き換えを2回まで行うことができる(最大9年間)
登録後9年を迎え更新する場合は、資格喪失以前に資格更新申請書を提出して資格審査を受け、合格すれば、その時点において新たに資格を取得したものとみなす。

試験内容

〔講習内容〕
①指導者の役割と基礎知識 ②被覆アーク溶接と高張力鋼の溶接 

③半自動アーク溶接と薄板の溶接 ほか

*受講後、学科試験がある。

受験料

54,050円(テキスト代、学科試験の受験料、税込)

問合せ先

(社)日本溶接協会
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル
TEL 03-3257-1525
URL:http://www.jwes.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ