トップページ  »  資格大辞典トップ  »  財務・金融関連の資格  » 簿記検定

資格大辞典

財務・金融関連の資格
 
簿記検定
 
内容

簿記の知識は、経理事務や、財務会計部門に限らず、現在や将来の利益を計る財務諸表や企業会計の法規を理解し、経営管理・経営分析を行うための基礎技能であり、この技能の修得により、事業収支の分析や企画書の作成などさまざまなビジネスシーンで活用され、多くの企業が採用や人事異動の判断に活用したり、自己啓発として取得を奨励しています。将来性・安定性の面で有利な資格のひとつです。

受験資格

特になし。

試験内容

【4級】商業簿記(5題以内、1時間30分)
入門レベル。勘定科目に仕訳でき、複式簿記の仕組みを理解している

【3級】商業簿記(5題以内、2時間)
基礎的な商業簿記、原理、記帳、決算などに関する初歩的実務を理解している

【2級】商業簿記、工業簿記(5題以内、2時間)
初歩的な原価計算などを含む、高校程度の商業簿記と工業簿記を理解している

【1級】商業簿記、工業簿記、原価計算、会計学のほか、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解している

*合格基準・各級とも、100点満点で70点以上が合格。ただし、1級は1科目ごとの得点が40%に満たないものは不合格

試験当日、氏名、生年月日、顔写真を確認できる身分証明書を持参

受験料

【4級】1,600円 【3級】2,500円 【2級】4,500円 【1級】7,500円 (各税込)

問合せ先

全国主要都市の商工会議所
TEL 03-5777-8600 (検査情報ダイヤル)
URL:http://www.kentei.ne.jp/

 

次の資格 →
 

 

 

ページの先頭へ