トップページ  »  資格大辞典トップ  »   調理・衛生・フードサービス関連の資格  »  調理師

資格大辞典

調理・衛生・フードサービス関連の資格
 
調理師
 
内容

調理師試験は、飲食店を営むのに必要な国家資格で、調理に関する最低限の能力が求めらます。調理師試験は、調理師法に基づいて都道府県知事によって実施されます。今やグルメ志向の時代で、味はもちろんのこと、見た目の美しさ、創作・健康志向など、総合的な能力が求められます。資格の取得には、調理師養成学校を卒業するか、各都道府県が実施する調理師試験に合格するという2つの方法があります。

受験資格

下記の学歴と職歴の条件を満たしている者
〔学歴〕
①中学校卒業以上
②小学校卒業で5年以上の調理業務に従事した者
③各種学校として認可されている外国人学校(中等部)修了者で、上記①と同等以上の学歴を有する者と厚生労働大臣が認定した者

〔職歴〕

上記の学歴修了後、次の①~④までの営業施設で2年以上、調理業務に従事した経験のある者(ただし、上記学歴②の場合は通産7年以上必要)
①飲食店営業(旅館、簡易宿泊所含む)
②魚介類販売業(店舗で魚介類を半場合する営業をいい、魚介類を生きたまま販売する営業、魚介類せり売営業は除く)
③そうざい製造業(煮物、焼物、揚物、蒸し物、酢の物等を製造する営業)
④学校、病院、寮などの給食施設(けいぞくして1回20食以上、または1日50食以上調理する施設)

試験内容

類審査後、筆記試験による次の7科目
①食文化概論 ②衛生法規 ③公衆衛生学 他全⑦項目

受験料

各都道府県によって異なる

問合せ先

各都道府県調理師試験担当課

 

次の資格 →
 
 

 

 

 
 
ページの先頭へ