トップページ  »  資格大辞典トップ  »   調理・衛生・フードサービス関連の資格  »  調理技術審査/調理技能検定

資格大辞典

調理・衛生・フードサービス関連の資格
 
調理技術審査/調理技能検定
 
内容

調理技術審査・調理技能検定は、レベルの高い調理師としてのスキルを持つことを証明する国家資格です。調理技術審査・調理技能検定に合格すると「専門調理師・調理技能士」の称号が与えられ、調理学校の教員資格も取得できます。

受験資格

①実務経験による者:実務経験8年以上(うち調理師の免許を有していた期間3年以上)
②厚生労働大臣の指定する調理師養成施設で1年以上調理に関する学科を収めて卒業した者:実務経験6年以上(うち調理師の免許を有していた期間3年以上)
③職業能力開発促進法に基づき、調理に関し専門課程の高度職業訓練または普通課程の普通職業訓練を修了した者:普通職業訓練または高度職業訓練を受けた期間を含めて実務経験7年以上(うち調理師の免許を有していた期間3年以上)

試験内容

試験は前期・後期に分けて実施され、以下の6区分がある

前期:①すし料理 ②中国料理 ③給食用特殊料理
後期:①日本料理 ②西洋料理 ③麺料理

〔学科〕全科料理区分共通問題および料理区分別専門問題
①調理一般 ②調理法 ③材料 他全⑦項目

〔実技〕各区分の調理作業と盛り付け作業など

受験料

〔学科〕3,700円 〔実技〕18,800円 (各税込)

問合せ先

(社)調理技術技能センター
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-8-5 JACCビル5F
TEL 03-3667-1867
URL:http://www.chouri-ggc.or.jp

 

前の資格 →
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ