トップページ  »  資格大辞典トップ  »   調理・衛生・フードサービス関連の資格  »  食品衛生責任者

資格大辞典

調理・衛生・フードサービス関連の資格
 
食品衛生責任者
 
内容

消費者に食の安全を提供するために、食品製造・販売所や飲食店などで、自主的に衛生管理の目標を定めて確保にあたることを目的として実施されている資格です。飲食店の開業などには営業許可書とともに必要となります。食品衛生責任者は従業員の衛生教育、食品取扱設備や食品取扱法の管理を行い、食の安全を確保しなければなりません。

受験資格

都道府県によって異なる。この資格は、営業寄与かを受けようとする県または市で講習を受けるのが原則であったが、平成9年から、取得した資格の全国共通化が行なわれれ、各都道府県どこで取得しても全国共通で認定されるようになった

(東京都の場合)
17歳以上の者であれば、誰でも受講できる(ただし、現役の高校生は除く)講習の課程修了者には受講修了証(食品衛生責任者手帳)が渡され、有資格者となる。また衛生士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士、食品衛生管理者の有資格者は、受講しなくても食品衛生責任者になれる。

*業者は許可施設ごとに自ら食品責任者となるか、資格をもつ者で、常時、施設・取扱などを管理できる当該従事者1名を食品衛生責任者として定めておかなければならない。ただし必要のある場合は、増員(各部門ごとに構成されている場合)または原因(同一施設で複数の許可を有する場合)が可能

試験内容

1日6時間で、次の3科目について行なわれる
①衛生法規(2時間)②公衆衛生学(1時間) ③食品衛生学(3時間)

受験料

8,000円(非課税) 教本代:2,000円(税込)

問合せ先

各都道府県衛生主管部または指定機関
東京の場合:(社)東京食品衛生協会
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-6-1 食品衛生センター内
URL:http://www.toshoku.or.jp

 

前の資格 →
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ