トップページ  »  資格大辞典トップ  »   調理・衛生・フードサービス関連の資格  »  食品衛生管理者

資格大辞典

調理・衛生・フードサービス関連の資格
 
食品衛生管理者
 
内容

全粉乳(容量1,400グラム以下の缶におさめられたものに限る)、加糖粉乳、調製粉乳、調理粉乳、食肉製品、魚肉ハム、魚肉ソーセージ、放射線照射食品、食用油脂(脱色又は脱臭の課程を経て製造されるものに限る)、マーガリン、ショートニング、添加物などの食品等を製造または加工する工場では、食品衛生管理者を置かなくてはなりません。商品衛生管理者は、施設や製造・加工工程において、衛生的で安全な食品を製造するよう監督、指導にあたります。

受験資格

次のいずれかに該当する者が食品衛生管理者になれる(要登録)
①医師、歯科医師、薬剤師、獣医師
②大学などにおいて医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学または農芸化学の課程を修めて卒業した者
③厚生労働大臣の登録した食品衛生管理者養成施設において所定の課程を修了した者(この規定による食品衛生管理者養成施設は全国に約180ヵ所ある)
④高等学校を卒業した者、あるいはこれと同等以上の学力があると認められた者で、食品衛生管理者を置くことを義務づけられた製造業または加工業において、食品または添加物の製造・加工の衛生管理業務に3年以上従事し、かつ厚生労働大臣の登録を受けた講習会の課程を修了した者

試験内容

以下は、上記④に該当する登録講習会の内容である。次の科目で、30日以上、合計201時間以上行なわれる

〔一般共通科目〕
①公衆衛生概論 ②食品衛生法および関係法令 ③食品学(栄養学を含む) 他全⑨項目

〔専門科目〕
①添加物関係科目 ②乳製品関係科目 ③食肉製品関係科目

受験料

各都道府県によって異なる

問合せ先

構成労働省医学食品安全部企画情報課
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL 03-5253-1111

 

前の資格 →
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ