トップページ  »  資格大辞典トップ  »   調理・衛生・フードサービス関連の資格  »  食生活アドバイザー

資格大辞典

調理・衛生・フードサービス関連の資格
 
食生活アドバイザー
 
内容

流通技術、食品加工技術の革新、サービス形態が変化し、今、食生活においてさまざまな問題が起きています。バランスの悪い食事による肥満や健康障害、食の安全や環境問題など、官民あげて食生活の改善に本格的に取り組む時代、その中心となるのが「食育基本法」です。食生活アドバイザーは、食を栄養と健康、食品学、衛生管理、食文化と食習慣、食マーケット(商品を正しく選択)、社会生活の幅広い観点でアドバイスする仕事です。

受験資格

 特になし。

試験内容

【3級】

理論問題:選択問題(マークシート形式)
【2級】

理論問題:選択問題(マークシート形式)/筆記問題(記述形式)
試験科目は3・2級共通で、以下のとおり
①栄養と健康:栄養、病気予防、ダイエット、運動、休養など
②食文化と食習慣:行事食、旬、マナー、献立、調理、配膳など
③食品学:食材、加工食品、有機食品、食品表示、安全性、環境問題など
他全⑥項目

*試験レベル
【3級】

育児や家庭内の食事を提供するうえで、健康的でおいしく食べることのできる食育レベル
【2級】

企業と生活者のパイプ役となり、実務的にアドバイスができるコーディネーターレベル

受験料

【3級】4,500円 【2級】7,000円 【3・2級併願】11,500円(各税込)

問合せ先

FLAネットワーク協会食生活アドバイザー検定事務局
〒160-0023 東京都新宿区新宿7-7-24 GSプラザ新宿2F
TEL 0120-86-3593
URL:http://www.flanet.jp

 

前の資格 →
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ