トップページ  »  資格大辞典トップ  » 司法・法務関連の資格  » 裁判所事務官Ⅲ種

資格大辞典

司法・法務関連の資格
 
裁判所事務官Ⅲ種
 
内容

各裁判所に配属され、司法行政部門である事務局において、庶務・人事・会計等の一般事務に従事したり、裁判部門に配置されて裁判所書記官の事務を補助します。また、民事部、刑事部、家事部、少年部といった裁判所で裁判所書記官の下で各種裁判事務も行います。採用後一定期間在職すると、試験を受けて裁判所書記官となる道も開けます。

受験資格

試験実施年4月1日現在、17歳以上21歳未満の者(性別・学歴ともに不問)

試験内容

〔1次〕
①教養・適性試験(択一式、1時間50分):一般的な知識および一般的な能力
②作文試験(50分):文書による表現力、課題に対する理解力などについて

〔2次〕口述試験:人柄などについて、個別面接

受験料

 

問合せ先

最高裁判所事務総局人事局任用課試験第二係
〒102-8651 東京都千代田区隼町4-2
TEL 03-3264-8111
URL:http://www.courts.go.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
ページの先頭へ