トップページ  »  資格大辞典トップ  » 司法・法務関連の資格  » 法務教官

資格大辞典

司法・法務関連の資格
 
法務教官
 
内容

深い慈愛と専門的知識に基づき、非行を犯した少年に対して、社会不適応の原因を除去して心身ともに健全な少年として社会に復帰させることを使命としています。教官Aは主として男子被収容者、教官Bは主として女子被収容者の円滑な社会復帰を図るために、集団活動、面接、相談助言、講和などを通じて健全な育成、生活指導、余暇を健全・有効に活用できる習慣を体得させるレクレーションの指導をし、矯正教育に従事します。

受験資格

①試験実施年4月1日現在、21歳以上29歳未満の者
②21歳未満で大学・短大・高専を卒業した者(卒業見込み者も含む)、人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者
ただし、【教官A】は男子、【教官B】は女子に限る

試験内容

【1次】

①教養(多肢選択式、2時間30分):一般的な知識・知能
②専門(多肢選択式、2時間15分):教育学、心理学、社会学に関する基礎的知識および少年問題(青少年の健康と安全と非行等の現状及び青少年に関する諸施策など)について
③専門(記述式、1時間45分):青少年の教育に関する具体的な課題について

【2次】

①人物:人柄などについての個別面接
②身体検査:胸部疾患、血圧、尿、眼・聴器その他一般内科計検査
③身体測定:視力の測定

*次の該当者は不合格となる
①裸眼視力が1眼でも0.6未満の者(ただし矯正視力が両眼で1.0以上の者は差し支えない)
②四肢の運動機能に異常のある者

受験料

 

問合せ先

人事院各地方事務局・事務所、法務省各矯正管区、各刑務所・拘置所・少年刑務所など
東京:法務省東京矯正管区
〒330-9723 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 埼玉新都心合同庁舎2号館13F 
TEL 048-600-1500 
URL:http://www.jinji.go.jp/saiyo/fshiken.htm

 

← 前の資格
次の資格 →
   
保護司

 

 

 
ページの先頭へ