トップページ  »  資格大辞典トップ  »  語学・国際業務関連の資格  »BATIC(国際会計検定)

資格大辞典

語学・国際業務亜関連の資格
 
BATIC(国際会計検定)
 
内容

Bookkeeping and Accounting Test for International Communication の頭文字を取ったもので、「国際コミュニケーションのための簿記会計テスト」のことを指します。「会計」を意味する英語「アカウンティング」は、「アカウンタビリティ(説明責任)」という言葉からもわかるように、「相手に伝わるように正しく説明する」という意味を持っています。企業やビジネスの実態を正しく伝える上で、会計はまさに最も雄弁なコミュニケーションツールであり、共通言語の役目を果たしています。目標は外国人にも理解できるようにするために、両者の間に存在する会計ルールの違いを組み替える「リキャスティング」という能力を育成するこです。それには日本と外国両方の会計ルールに精通していなければなりません。国際会計スキル持つ人材のニーズは高まり、企業で活躍するチャンスとなります。

受験資格

〔Subject 1・2〕

〔Subject 1〕のみ、〔Subject 2〕のみは、誰でも受験できる
〔Subject 2〕のみを受験する場合は、〔Subject 1〕で320点以上(アカウントレベル)を取得していることが必要

試験内容

マークシート方式による選択問題と記述問題が英語で出題され、総合点数および称号で修得レベルを認定し、合否の認定は行わない

〔Subject 1(英文簿記)〕

全受験者必須、配点400点。英文会計の基礎を理解し、英語で簿記を作成・説明できる。

〔Subject 2(国際会計理論)〕

受験者の修得レベルに応じて任意、配点600点。国際会計理論を理解し、米国基準による決算書の作成・分析ができる

〈ブックキーパーレベル〉

得点200~319点。基本的な会計取引を英語で理解できる。(200点未満の場合は称号が付与されず、得点のみ認定される

〈アカウンタントレベル〉

得点320~699点。ブックキーパーに対する簡単な指示、英語による会計帳簿の記帳および管理ができる

〈アカウンティングマネージャーレベル〉

得点700~879点。国際会計理論(国際財務報告基準・米国会計基準)のl基本的な部分を理解し、月次・年度の会計報告ができ、適切な決算修正、精算表、基本的な財務諸表が作成できる

〈コントローラーレベル〉

得点880~1000点。国際会計理論を理解し、米国基準での財務諸表の作成、分析および国内基準から組替えができ、会計手続き、会計方針、内部統制組織の策定とその推進ができる

受験料

〔Subject 1・2〕9,870円 〔Subuject 1〕のみ 5,250円 〔Subject 2〕のみ7,770円 (各税込)

問合せ先

東京商工会議所 検定センター
TEL 03-3989-0777(土日・祝日・年末年始を除く、10:00~18:00)
URL:http://www.kentei.org/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
ページの先頭へ