トップページ  »  資格大辞典トップ  »  語学・国際業務関連の資格  »通訳技能検定(通検)

資格大辞典

語学・国際業務亜関連の資格
 
通訳技能検定(通検)
 
内容

日本で開かれる国際会議、行事の数は年々増加の一途をたどり、国際コミュニケーターとしてのプロの“通訳”に対する需要はますます高まり、通訳を目指す人のための指針として「通訳技能検定試験(通検)」が行われるようになりました。1級試験はわが国でもっとも難しい語学資格試験として知られ、通検1級・2級の合格者は日本通訳協会が認定する通訳士の資格を得て、プロの通訳者として多方面で活躍しています。

受験資格

【2級】特になし
【1級】2級合格者

試験内容

【2級】
〔1次〕

〈筆記〉①英文和訳 ②和文英訳 ③長文英問英答 他全⑤項目
〈音声〉①日本語および英語スピーチの部分通訳 ②パラグラフ要旨把握 ③全体主旨把握など

〔2次〕

〈音声〉①英語スピーチの部分通訳筆記・要約 ②日英両語の対談の逐次通訳筆記など

【1級】
〔1次〕

2級合格資格をもって1次試験にかえる
〔2次〕

〈口頭〉①長文の英語スピーチの日本語への逐次通訳 ②日本語スピーチの英語への逐次通訳
〔3次〕

〈口頭〉英語から日本語、日本語から英語への逐次通訳・同時通訳

※1級受験者で3次試験においてAランクで不合格になった場合は、準1級合格として認定され、また2次試験でAランクで不合格になった場合は準2級として認定される。(準1級、準2級の試験は実施されない) 

受験料

【2級】12,000円 【1級】17,000円(各税込)

問合せ先

日本通訳協会 通訳技能検定委員会
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-18 シミズビル6F
TEL 03-5925-0531
URL:http://www.jipta.net/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
ページの先頭へ