トップページ  »  資格大辞典トップ  »  生活・デザイン・インテリア関連の資格  » 犬訓練士

資格大辞典

生活・デザイン・インテリアの資格
 
犬訓練士
 
内容

犬訓練士とは、将来警察犬として働く犬や盲導犬、介助犬などの飼育、訓練、管理等についての知識と技術を認定する資格です。資格を取得するには、犬の世話から管理まで、すべての時間を犬の訓練にあたることになり、犬が好きだというだけでは務まらない厳しい内容ですが、社会の貢献に役立つやりがいのある仕事です。この資格を生かす仕事は、訓練協会やペットショップ、ドックトレーナーなどがあります。

受験資格

(社)日本警察犬協会の公認訓練士は、【三等訓練士】【二等訓練士】【一等訓練士】【一等訓練士正】【糸津訓練士長】の5段階級が設けられているが、通常【三等訓練士】の試験に合格後、規定の経験を積み段階的に昇級試験に臨んでいくシステム

受験に際しては、まず見習訓練士として協会の公認訓練士が経営する訓練所に入所し、受験のための実績をつくることが最も良い方法である。見習訓練士の修業期間は3~6年程度が目安である

【三等訓練士】の場合
①18歳以上(協会の会員)
②訓練の経験
③訓練実績(協会の訓練試験科目に2頭以上5科目以上、自分が訓練した犬を合格させる)



試験内容

〔学科〕①犬に関する心得 ②犬学(概論) ③訓練法 他全⑥項目
〔実技〕基礎訓練と応用

受験料

10,000円(税込)

問合せ先

(社)日本警察犬協会本部
〒110-0015 東京都台東区東上野4-13-7
TEL 03-5828-2521
URL:http://www.policedog.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ