トップページ  »  資格大辞典トップ  »  生活・デザイン・インテリア関連の資格  » 消費生活アドバイザー

資格大辞典

生活・デザイン・インテリアの資格
 
消費生活アドバイザー
 
内容

消費生活アドバイザー試験は、消費者と企業または行政等のかけ橋として、消費者の意向を企業に反映させるとともに、消費者からの苦情相談などに対して適切なアドバイスができる人材を育成するため、経済産業大臣の事業認定を得て実施する技能審査です。消費生活アドバイザーになるには、消費生活アドバイザー試験に合格し、翌々年度中までに実務経験の証明(経歴書提出)または実務研修の修了(修了証提出)が必要となります。消費者問題のエキスパートとして社会に貢献できる仕事です。

受験資格

特になし。(ただし協会が実施する1次試験および2次試験の受験が可能な者) 

試験内容

消費生活アドバイザーとして必要な見識をもち、消費者関連知識を駆使して、適切な消費者相談等に応ずる能力があるか否かを問う

〔1次〕筆記(択一式)
①消費者問題
②消費者のための行政・法律知識:行政知識、法律知識
③消費者のための経済知識:経済一般知識、企業経営一般知識、生活経済、経済統計と調査方法の知識、
地球環境問題・エネルギー需給
他全④項目

〔2次〕①論文 ②面接(1次合格者のみ実施)
   
〔実務研修〕2次合格者のうち、実務経験のない者に実施

受験料

12,600円(税込)

問合せ先

(財)日本産業協会
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-11-1 島田ビル3F
TEL 03-3256-7731
URL:http://www.nissankyo.or.jp/

 

次の資格 →
 

 

 

ページの先頭へ