トップページ  »  資格大辞典トップ  »   自然環境関連の資格  » ビオトープ管理士

資格大辞典

 
ビオトープ管理士
 
内容

「ビオトープ(BIOTOP)」とは、その地域にすむ野生の生きものたちが自立して生息・生育できる、まとまった空間をいい、森林や草地、河川や河原、池や湖沼、海や干潟など実にさまざまなタイプがあります。そこに、ある種の野生の生きものたちが加わることによって、自然のしくみである自然生態系が成り立ち、地域固有の自然が形づくられ、そうした自然や野生を守るために、ビオトープを保全・再生、環境教育活動を広めたりする活動を行っているのが、ビオトープ管理士のお仕事です。

受験資格

【2級】基礎的な知識を有する技術者レベル。誰でも受験できる。
【1級】業務担当責任者レベル。以下のいずれかの該当者。

①4年制大学卒業後、7年以上の実務経験者
②短大・専門学校・高等専門学校卒業後、9年以上の実務経験者
③高校卒業後、11年以上の実務経験者
④ビオトープ管理士2級取得後、7年以上の実務経験者
⑤1級土木施工管理技士・造園施工管理技士資格所持者で、資格を取得してからの実務経験が4年以上の者 ほか

試験内容

【2級】〔択一〕

①共通科目(生態学、ビオトープ論、環境関連法)
②専門科目(計画部門または施工部門)
③小論文

【1級】〔択一〕2級①②③に同じ
〔記述〕発展的な内容

〔口述〕筆記試験合格者のみ

受験料

【2級】9,000円 【1級】13,000円(各税込)

問合せ先

(財)日本生態系協会ビオトープ管理士係
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
TEL 03-5954-7106
URL:http://www.ecosys.or.jp/eco-japan/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ