トップページ  »  資格大辞典トップ  »  事務・オフィス技能関連の資格  » 計算実務能力検定

資格大辞典

事務・オフィス技能関連の資格
 
計算実務能力検定
 
内容

帳票計算では現金出納帳・売上帳・精算表等の作成、入出金伝票の計算等が出題され、商業計算では割合・比率・利息計算・福利計算・年金計算等の出題されます。検定試験では経理に必要な計算実務を総合的に判定します。将来性・有効性の高い資格で就職に有利になります。

受験資格

特になし。

試験内容

【4級】50分
①帳票計算(現金出納帳、当座預金出納長、売上帳 他)
②商業計算(割合の計算、歩合算)

【3級】50分
①帳票計算(仕訳帳、総勘定元帳、得意先元帳、仕入先元帳、入金伝票および出勤伝票)
②商業計算(割合の表し方、損益の計算 他)

【2級】50分
①帳票計算(合計残高試算表、商品有高帳 他)
②商業計算(売買諸費用の計算、手形割引の計算 他)

【1級】50分
①帳票計算(清算表、棚卸表、固定資産台帳 他)
②商業計算(比率の計算、製造原価の計算、年金の計算 他)

*合格基準:各級とも100点満点で70点以上

2つの級の同時受験も可能

受験料

【4級】900円 【3級】1,100円 【2級】1,300円 【1級】1,600円(各税込】

問合せ先

(社)全国経理教育協会
〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-13-12
TEL 03-3918-6133

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ