トップページ  »  資格大辞典トップ  »  事務・オフィス技能関連の資格  » 速記技能検定

資格大辞典

事務・オフィス技能関連の資格
 
速記技能検定
 
内容

国会・地方議会・裁判、学会などの講演や会議、インタビューなどを記録する際に符号を使って書き留め、反訳して現行を作成する技能を測る検定試験です。この資格を持っているとジャーナリズムの分野で活躍の場が広がります。

受験資格

特になし。

試験内容

 

主として講義形式の朗読文を速記し、それを反訳して原稿をつくりあげる。

資格は6~1級の6段階。

【6級】

①速度:5分間・400字

②反訳制限時間:60分

③程度:初歩的なもの
【5級】

①速度:5分間・600字

②反訳制限時間:60分  

③程度:ノートやメモなどに速記利用が可能
【4級】

①速度:5分間・900字   

②反訳制限時間:60分  

③平易な口述や草稿などに速記を活用
【3級】

①速度:5分間・1,200字  

②反訳制限時間:60分  

③口述・電話などの速記ができ、反訳を手伝うことが可能
【2級】

①速度:10分間・2,800字 

②反訳制限時間:130分 

③会議・座談・講演などの速記の補佐が可能
【1級】

①速度10分間・3,200字 

②反訳制限時間:130分 

③会議・座談・講演などの単独速度が可能

*東京、京都、大阪のみ、同日に【6・5級】【4・3級】の併願受験ができる。

受験料


【6級】1,200円 【5級】1,500円 【4級】2,000円 【3級】3,000円

【4級】4,000円 【1級】5,000円 (各税込)

問合せ先

(社)日本速記協会
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-10-2 永田町 TBRビル1010
TEL 03-3580-0976
URL:http://www.sokki.or.jp

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ