トップページ  »  資格大辞典トップ  »  コンピューター関連の資格  »マルチメディア検定

資格大辞典

コンピューター関連の資格
 
マルチメディア検定
 
内容

コンピュータやインターネットを活用し、ディジタル情報でコミュニケーションするうえで必要な知識と技能を評価する試験です。現在、ベーシック(3級)、エキスパート(2級)のみ実施されています。

受験資格

特になし。

試験内容

コンピュータや周辺機器、インターネット、デジタルコンテンツ、知的財産権、マルチメディアの社会応用に関する幅広い知識を問う内容になっています。

【ベーシック(3級)】マークシート10問、70分
IT やマルチメディアに関する基礎知識の理解度を評価。人材レベルはビジネスや生活の場でITやマルチメディアを利用するうえで基礎知識があるレベル
①マルチメディアの特徴 

②マルチメディアの中核をなすパーソナルコンピュータ 

③コンテンツ制作のためのメディア処理
他全⑩項目

【エキスパート(2級)】マークシート13問、120分
ITやマルチメディアに関する専門的な知識と応用力を評価。人材レベルはITやマルチメディア全般の専門知識をビジネスの場で活用することができるレベル
①マルチメディアの基礎 

②メディアの処理技術 

③コンピュータとインターネット
他全⑧項目

受験料

【ベーシック(3級)】4,500円 【エキスパート(2級)】5,500円(各税込)

問合せ先

CG-ARTS協会 (財)画像情報教育振興協会 検定実施センター
〒104-0031 東京都中央区京橋1-11-2
TEL 03-3535-3501
URL:http://www.cgarts.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ