トップページ  »  資格大辞典トップ  »   公務関連の資格  » 国税専門官

資格大辞典

公務関連の資格
 
国税専門官
 
内容

国税専門官とは、税務署に所属し、納税義務者である会社・個人等を訪問しが適正な申告をしているかどうかの調査・検査を行うとともに、申告・納税に関する指導や、税金の督促や滞納調査、処分に関する指導を行う税のスペシャリストです。通称マルサとよばれています。高度な知識はもちろんのこと、強い精神力とバイタリティが求められるお仕事です。

受験資格

①試験実施年の4月1日現在、21歳以上29歳未満の者
②21歳未満の者でも、大学を卒業した者および翌年3月までに卒業見込みの者
③人事院が②と同等の資格があると認める者

試験内容

〔1次〕

①専門試験(多肢選択式、2時間20分)
必須:民法・商法、会計学(簿記を含む)
選択:憲法・行政法、経済学、財政学、経営学、政治学・社会学・社会事情、英語、商業英語、情報数学、情報工学の9科目から4科目選択

②教養試験(多肢選択式、3時間):一般的な知識および知能について
必須:時事、文章理解、判断・数的推理、飼料解釈の25題
選択:自然、人文、社会の30題から20題選択

③専門試験(記述式、1時間20分)
憲法、民法、経済学、会計学、社会学の5科目から1科目選択

〔2次〕1次合格者に対してのみ実施
①人物試験:個別面接
②身体検査:一般内科系検査

※採用されると、約4カ月の基礎研修を受けてから、実務経験等を経て、国税調査官・国税徴収官などに任用される

受験料

 

問合せ先

各国税局人事第二課(沖縄国税事務所は人事課)試験担当係または
国税庁人事課試験係
〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1 
TEL 03-3581-4161
URL:http://www.nta.go.jp

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ