トップページ  »  資格大辞典トップ  »   公務関連の資格  » 警視庁警察官

資格大辞典

公務関連の資格
 
警視庁警察官
 
内容

社会の秩序を維持し、市民の生活を守るため、犯罪予防、犯人検挙、青少年の非行防止、交通指導・取締りなどさまざまな業務を行なう公安職です。採用試験に合格した後、警察学校での研修を経て、警察署に配属され、交番勤務など警察活動の基本を学んだ後、本人の希望や適性に応じて、生地、交通、警備などの分野に進みます。警視庁警察官は、東京都の地方公務員となり、移動は都内に限られ、都外への転勤は基本的にありません。なお、各都道府県の警察官はそれぞれの県の警察本部が採用する地方公務員となります。採用試験問題は、大学卒業程度の1類、短大卒業程度の2類、高校卒業程度の3類の3つがあります。

受験資格

定められた身体要件をすべて満たす下記の者

【Ⅲ種】高校卒業程度
①試験日現在におい30歳未満で、試験年度内に高校卒業見込の者・卒業者
②試験日現在において17歳以上30歳未満で、高校卒業程度の学力を有する者

【Ⅱ種】短大卒業程度
①試験日現在において30歳未満で、試験年度内に短大卒業見込のもの・卒業者
②試験日現在において19歳以上90歳未満で、短大卒業程度の学力を有する者

【Ⅰ種】大学卒業程度
①試験日現在において30歳未満で、試験年度内に大学卒業見込の者・卒業者
②試験日現在において21歳以上30歳未満で、大学卒業程度の学力を有する者

試験内容

〔1次〕

①筆記:選択式(知能分野、知識分野)、論(作)文、国語
②資格経歴等の評価 
③1次身体検査
④1次適性検査

〔2次〕

①面接 
②2次身体検査 
③2次適性検査
④体力検査

受験料

 

問合せ先

警視庁採用センター
〒183-8555 東京都府中市朝日町3-15-1
TEL 0120-314-372
03-3581-4321
URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ