トップページ  »  資格大辞典トップ  »   公務関連の資格  » 気象大学校学生

資格大辞典

公務関連の資格
 
気象大学校学生
 
内容

気象大学校学生とは、気象に関する専門知識、技術などを気象大学校で4年間学び幹部候補生になるための国家公務員制度で、資格取得後は気象庁および全国各地の気象台で、気象観測、調査、予報及び研究などの業務に従事します。南極観測や世界気象機関で活躍の場も開かれる資格です。

受験資格

試験実施年4月1日現在、21歳未満の者で、次に掲げる者
①高校卒業後、3月卒業見込者、または人事院が同等の資格があると認める者
②高等専門学校の第3学年の修了者、または3月卒業見込者 ほか

試験内容

〔1次〕
①学科試験(多肢選択式、3時間)
数学Ⅰ・Ⅱ、数学A、数学B(数列、ベクトルの分野に限る)、物理Ⅰ・Ⅱ(力と運動、電気と磁気の分野に限る)、英語Ⅰ・Ⅱ、リーディング、ライティング
②教養試験(多肢選択式、2時間) 一般的な知識・知能について
③学科試験(記述式、4時間)
数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、数学A、数学B(数列、ベクトルの分野に限る)、数学C(行列とその応用、式と曲線の分野に限る)、物理Ⅰ・Ⅱ、英語Ⅰ・Ⅱ、リーディング、ライティング

〔2次〕
①作文試験(50分) ②人物試験(個別面接):人柄などについて
③身体検査:胸部疾患、その他一般内科系検査

受験料

 

問合せ先

人事院各地地方事務局・事務所または気象大学校
〒277-0852 千葉県柏市旭町7-4-81
TEL 04-7144-7185
URL:http://www.mc-jma.go.jp

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ