トップページ  »  資格大辞典トップ  »   不動産・建築・施工関連の資格  » 不動産鑑定士

資格大辞典

不動産・建築・施工関連の資格
 
不動産鑑定士
 
内容

不動産鑑定士は、変動する地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、「適正な地価」を判断する専門家です。その職務は、国や都道府県が土地の適性な価格を一般に公表するための、地価公示や地価調査の制度をはじめとして、公共用地の取得、相続税標準値の評価、固定資産税標準宅地の評価、裁判上の評価、会社の合併時の資産評価ならびに現物出資の評価、さらには、不動産に関するコンサルティング等、広く公共団体や民間の求めに応じて不動産鑑定士が業務を行っています。

受験資格

 特になし

試験内容

【短答式試験】
①不動産に関する行政法規(択一式、2時間)
土地基本法:不動産の鑑定評価に関する法律、国土利用計画法、都市計画法、建築基準法 ほか
②不動産の鑑定評価に関する理論(択一式、2時間)

【論文式試験】
①民法(2時間):民法典第1~3編を中心に、第4・5編と、借地借家法、建物の区分所有等に関する法律を含む
②経済学(2時間):ミクロおよびマクロの経済倫理と政策論
③会計学(2時間):財務会計論(企業の財務諸表の作成および理解に必要な会計理論、関係法令および会計書規則を含む)
④不動産の鑑定評価に関する理論(演習問題2時間、論文問題4時間)

*試験に合格後、実務修了し、国土交通大臣の確認を受けた者が不動産鑑定士となれる。実務修習には修了考査が課せられる。

〔実習修習〕①実務に関する講義 ②基本演習 ③実地演習
①②は数回に分けて合計で数十日間程度を全国1~2会場で実施
③指導鑑定士の下で不動産鑑定評価報告書の作成に携わる。

受験料

書面申請:13,000円(収入印紙) 電子申請:12,800円(電子納付)

問合せ先

国土交通省土地・水資源局地価調査課
〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-2 中央合同庁舎2号館
URL:http://www.mlit.go.jp/kokkasiken/kokkashiken.html

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ