トップページ  »  資格大辞典トップ  »   不動産・建築・施工関連の資格  » 建築設備士

資格大辞典

不動産・建築・施工関連の資格
 
建築設備士
 
内容

建築設備士は、建築設備全般(ビル空調・衛生・電気設備なども含む)に関する知識と技能をもって、建築士に、高度化・複雑化した建設設備の設計・工事管理などを的確に行えるようアドバイスをします。建設業ではこの資格を持っていると社内で高評価を得ます。

受験資格

正規の建築、機械、電気、またはこれらの同等と認められる類似の課程を修めた者で、次の①~④の学校そぐ業後、または⑤の各資格取得者で、建築設備に関し一定の年数の実務経験を有する者
①大学、職業能力開発総合大学(長期課程)、職業訓練大学校(長期指導訓練課程など)卒業後、2年以上
②短期大学、高等専門学校、職業能力開発短期大学(専門課程)、職業訓練短期大学校(特別高等訓練課程など)、専修学校(専門課程、修業年限2年以上、60単位以上)卒業後、4年以上。  
③高等学校、上記②以外の専修学校(専門課程)卒業後、6年以上
④高等学校を卒業し、職業能力開発校などを修了後、6年以上
⑤一級建築士、1級電気工事施工管理技士、1級管工事施工管理技士、空気調和・衛生工学会設備士、第1種・2種・3種電気主任技術者の資格取得者で、資格取得の前後を問わず通年2年以上 ほか。

試験内容

〔第1次〕学科(五肢択一式)
①建築一般知識 ②建築法規 ③建築設備

〔第2次〕設計製図:記述及び製図により「建築設備にかかわる基本計画の作成」および「空気調和設備及び換気設備、給水設備または電気設備のうち受験者の選択するひとつの建築設備に係る設計製図の作成」

*建築設備士の資格取得後、建築に関する実務経験が44年以上の者は一級建築士試験の受験資格が得られる。

受験料

34,650円(税込)

問合せ先

(財)建築技術教育普及センター本部および各支部
本部:(財)建築技術教育普及センター
〒104-0031東京都中央区京橋2-14-1
TEL 03-5524-3105
URL:http://www.jaeic.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ