トップページ  »  資格大辞典トップ  »   不動産・建築・施工関連の資格  » 木材加工用機械作業主任者

資格大辞典

不動産・建築・施工関連の資格
 
木材加工用機械作業主任者
 
内容

丸のこ盤や帯のこ盤、かんな盤、面取り盤など、木材加工に用いられる機械の取扱時に、作業を監督・指揮します。危険が伴う作業のため、熟知した主任者が求められています。木材の材質を好む人も多く、ニーズの高い仕事です。

受験資格

都道府県労働局長の登録を受けた教習機関で受講・取得できるが、受講資格はおおむね以下のとおり

①18歳以上で、木材加工用機械による作業に3年以上従事した経験を有する者

②職業訓練・養成訓練などによる所定の訓練を修了した者

試験内容

次の科目により、学科講習が行われる

①木材加工用機械とその安全装置などの種類、構造および機能に関する知識(6時間以上)

②木材加工用機械とその安全装置などの保守点検に関する知識(2時間以上)

③作業の方法に関する知識(5時間以上)

④関係法令(2時間以上)

労働安全法、労働安全衛生法施行令および労働安全衛生規則中の関係条項

*講習修了後に行われる修了試験の合格者が、木材加工用機械作業主任者の資格を取得できる

*次のいずれかに該当する場合は、科目の受講が一部免除される

①職業能力開発促進法に規定する要請訓練のうち、製材機械整備科、建築科、木工科などの訓練修了者

②同法に規定する検定職種のうち、木工機械調整、木型製作、木工または建築大工にかかわる1・2級の技能検定合格者 ほか

受験料

12,000円程度 (別途テキスト代が必要。受講料は非課税)

問合せ先

都道府県労働局安全課、労働基準監督署または

各都道府県労働基準協会連合会

URL:http://www.toukiren.or.jp (東京都)

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ