トップページ  »  資格大辞典トップ  »  安全管理・危険物取扱関連の資格  » 危険物取扱者

資格大辞典

電気・通信関連の資格
 
危険物取扱者
 
内容

一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければなりません。取り扱うことのできる危険物は、免状に記載されている種類により異なりますが、甲種は全種の危険物が取扱えることから、この資格のエキスパートとされています。

受験資格

【丙種・乙種】誰でも受験できる。
【甲種】

①大学、短大・高専、専修学校等で化学に関する学科、課程を修めて卒業した者、またはこれに準ずる学力を有すると認められる者
②乙種危険物取扱免状の実務経験を有する者
③次の4種類以上の乙種危険物取扱免状の交付を受けている者

(ア)1類または6類 (イ)2類または4類 (ウ)3類 (エ)5類

試験内容

【丙種】

以下の3分野についての4肢択一式筆記試験
①危険物に関する法令 
②燃焼および消化に関する基礎的知識
③危険物の性質ならびにその火災予防および消化の方法

【乙種】

6種類に分かれ、以下の3分野についての5肢択一式筆記試験
①危険物に関する法令
②物理学および化学
③危険物の性質ならびにその火災予防および消化の方法

*乙種(1~6種)のいずれかの類の免状を有する者は、ほかの類を受験する場合、上記乙種試験の①②の科目が免除される

受験料

【丙種】2,700円 【乙種】3,400円 【甲種】5,000円

問合せ先

各地の消防署または(財)消防試験研究センター各支部
東京都の場合:中央試験センター
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-13-20
URL:http://www.shoubo-shiken.or.jp

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ