トップページ  »  資格大辞典トップ  »  安全管理・危険物取扱関連の資格  » 放射線取扱主任者

資格大辞典

電気・通信関連の資格
 
放射線取扱主任者
 
内容

放射線取扱主任者は、放射線障害防止法に基づき、放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取扱う場合に、放射線障害の防止について監督を行う者で、取扱い区分により第1種と第2種に分けられます。主な業務は精密機器メーカーや病院などの放射線設備の日常メンテナンスや修理、新製品の開発などで、放射線同位元素や放射線発生装置を扱う事業所、販売所、廃棄事業所、病院や研究機関、製造業などで活躍しています。需要が高く、厚遇される特殊技術者です。

受験資格

誰でも受講できる。

*第1種・第2種は試験に合格後、さらに資格講習を修了、第3種資格講習を修了するのみで取得できる。第1種講習は日本原子力研究開発機構、日本アイソトープ協会、第2種講習は原子力安全技術センター、電子科学研究所、第3種講習は原子力安全技術センター、日本原子力研究開発機構、日本アイソトープ協会、電子科学研究所でそれぞれ実施されている。受講期限はない。
以下に第1種・第2種の試験について記す

試験内容

【第1種】【第2種】とも、全科目択一式問題・マークシート方式

【第1種】
①物理学、化学および生物学のうち放射線に関するもの
②物理学のうち放射線に関するもの
③化学のうち放射線に関するもの
その他

【第2種】
①放射性同位元素による放射線障害の防止に関する管理技術(放射線の測定に関する技術ならびに物理学、化学および生物学のうち放射線に関するものを含む)
②放射性同位元素による放射線障害の防止に関する法令 ほか

受験料

【第1種】13,900円 【第2種】9,900円

問合せ先

(財)原子力安全技術センター放射線安全事業部安全業務主任者試験グループ
〒112-8604 東京都文京区白山5-1-3-101 東京富山会館ビル4F
TEL 03-3814-7480
URL:http://www.nustec.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ