トップページ  »  資格大辞典トップ  »  安全管理・危険物取扱関連の資格  » 林業架線作業主任者

資格大辞典

電気・通信関連の資格
 
林業架線作業主任者
 
内容

林業架線作業主任者は森林で栽培した原木を、木材加工場まで運び出す際に使用する機械集材装置や運財用空中ケーブルなどの設備の組立て・解体・変更・修理、作業方法、労働者の配置を決定する作業の指揮を行う責任者です。支柱や主要機器の配置、労働者の配置などを決定し、安全に作業するための指示監督を行うのが主な仕事で、緑に囲まれた自然が職場になります。

受験資格

林業架線作業の業務に3年以上従事した経験をもつ者

試験内容

以下の科目についての筆記試験が行われる。試験時間は3時間
①機械集材装置および運材索道に関する知識
機械集材装置の索張り方式、運材索道の種類 ほか

②林業架線作業に関する知識
組立、解体等の方法 ほか

③林業架線作業に必要な力学に関する知識
力、重量、重心、滑車、速度、加速度 ほか

④関係法令
労働安全衛生法、労働安全衛生法施工令 ほか

*試験科目の免除:大学・高等専門学校・高校において力学に関する講座あるいは学科を納めて卒業した者は、上記の試験科目のうち、③の「林業架線作業に必要な力学に関する知識」が免除される。科目免除者の試験時間は2時間15分

受験料

8,300円

問合せ先

(財)安全衛生技術試験協会
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9F
TEL 03-5275-1088
URL:http://www.exam.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ