トップページ  »  資格大辞典トップ  »  安全管理・危険物取扱関連の資格  » 特殊建築物等調査資格者

資格大辞典

電気・通信関連の資格
 
特殊建築物等調査資格者
 
内容

特殊建築物等調査資格者は、学校や病院、映画館、ホテル、オフィスビルなど、多くの人が出入りする特殊建築物などの敷地構造や建築設備を定期的に検査する専門家です。国土交通省が認定する公的資格で、建築防災の知識をもつ有資格者が定期的に調査するように法律で定められています。資格取得には、(財)日本建築防災協会が主催する講習を受講し、修了考査に合格しなくてなりません。

受験資格

建築・土木・機械・電気などに関する課程を修めて各学校を卒業した後、建築に関し一定年数以上の実務経験を有する者
①大学卒業後、実務経験2年以上
②修業年限3年の短期大学卒業後、実務経験3年以上
③②を除く短期大学、高等専門学校卒業後、実務経験4年以上
④高等学校卒業後、実務経験7年以上
⑤実務経験のみ11年以上
⑥建築行政に関して実務経験2年以上
⑦消防吏員として火災予防業務の実務経験5年以上
⑧甲種消防設備士、または防火対象物点検資格者として実務経験5年以上
⑨概認定資格者(特殊建築物等調査資格者)

試験内容

①特殊建築物等定期調査制度総論
②建築学概論
③建築基準法令の構造と概要 
その他

受験料

47,000円(テキスト代含む)

問合せ先

(財)日本建築防災協会
  〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-3-20 虎ノ門YHKビル8F
  TEL 03-5512-6451
  URL:http://www.kenchiku-bosai.or.jp/


 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ