トップページ  »  資格大辞典トップ  »  教育・学術関連の資格  »  小学校教員資格認定試験

資格大辞典

教育・学術関連の資格
 
小学校教員資格認定試験
 
内容

小学校教員資格認定試験制度とは、広く一般社会人から学校教育への招致にふさわしい人材を求めるため、職業生活や自己研修など、教員として必要な資質、能力を身につけ、教員資格認定試験に合格した者には、教諭の資格が与えられるという制度です。本来は大学等で教職課程等を履修しなくてはなりませんが、この試験に合格すれば教職の道が開けます。社会で学んだことを教育の場に生かしてみたいと思う人には最適です。

受験資格

①大学(短大を含む)に2年以上在学し、62単位以上を修得した者、および高等専門学校を卒業した者、ならびにこれらの者と同等の資格を有すると認められる者

②高等学校を卒業した者、その他大学(短大および文部科学大臣の指定する教員養成機関を含む)に入学する資格を有する者で、受験年度4月1日現在、満20歳以上の者

試験内容

認定試験は受験者の学力等が大学または短期大学などにおいて小学校教諭の2種免許状を取得した者と同等の水準に達しているかどうかを判定するもの。合格者は都道府県教育委員会に申請すると、小学校教諭2種免許状が授与される

〔1次〕筆記(択一式)
①一般教養科目:人文科学、社会科学、自然科学、外国語(英語)に関する事項
②教職に関する科目Ⅰ:教育原理、教育心理学、特別活動、生徒指導等教職に関する専門的事項
③教職に関する科目Ⅱ:小学校の各教科の指導法およびこれに付随する基礎的な教科内容
*受験にあたっては、音楽、図画工作および体育の各教科のうち2教科以上を含む6教科を9教科の中からあらかじめ選択する

〔2次〕
①教科に関する科目(論述式):小学校の各教科に関する専門的事項
②教職に関する科目Ⅲ(実技〕:音楽、図画工作および体育
③口述試験:小学校教員として必要な能力などの全般に関する事項

〔指導の実践にかんする事項〕小学校教員として必要な指導の実践に関する事項(授業観察、指導案等作成、討論など)

受験料

5,600円

問合せ先

文部科学省初等中等教育教職員課
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL 03-5253-4111
URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/nintei/main9_a2.htm

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
 
ページの先頭へ