トップページ  »  資格大辞典トップ  »   車両・航空・船舶関連の資格  » 船内荷役作業主任者

資格大辞典

車両・航空・船舶関連の資格
 
船内荷役作業主任者
 
内容

船内荷役作業主任者とは、船舶に荷を積み、船舶から荷を卸し、又は船舶において荷を移動させる作業について、作業方法の決定、指導、設備等の点検・整備、これらの使用状況を監視し、周辺の作業者と連絡・調整等を行うのが主な仕事です。

躍場所は港湾、貨物運送事業などがあり、安全な作業を行うための陣頭指揮をとるこの資格は非常に人気のある資格です。

受験資格

揚貨装置、移動式クレーン、クレーン・デリック(旧クレーン、旧デリック)運転士免許取得後、4年以上船内荷役作業の業務に従事している者

試験内容

〈作業の指揮に必要な知識〉
①作業にともなう災害およびその防止方法
②災害発生時の措置
③作業計画の確認および労働者の配置の方法 ほか

〈船舶設備、荷役機械等の構造および取扱いの方法に関する知識〉
①揚貨装置およびクレーンの構造および取扱いの方法
②荷役機械および荷役用具の点検方法
③保護具の使用および保守点検の方法 ほか

〈玉掛け作業および合図の方法に関する知識〉
①玉賭け作業に必要な力学
②玉賭け用具の選定および使用の方法
③危険、有害な貨物および特殊な形状の貨物の玉賭けの方法

〈荷役の方法に関する知識〉
①段違い作業と高所作業
②巻出しおよび引込み作業

〈労働安全衛生法・労働安全衛生法施行令・労働安全衛生規則およびクレーンなど安全規則中の関係条項〉

受験料

教習機関によって異なる

問合せ先

都道府県労働安全課または港湾労災防止協会東京総支部
〒108-0022 東京都港区海岸3-33-10
TEL 03-3451-2644

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
ページの先頭へ