トップページ  »  資格大辞典トップ  »   車両・航空・船舶関連の資格  » 自家用操縦士(飛行機・回転翼)

資格大辞典

車両・航空・船舶関連の資格
 
自家用操縦士(飛行機・回転翼)
 
内容

自家用操縦士とは、国土交通省が認定する航空従事者のうち、事業用目的でなく自分の楽しみのための飛行を認められている資格です。資格取得には経験はもちろんのこと、航空法規や無線機の取扱いなどが求められレベルの高い内容になっていますが、資格を取得すれば単独で飛行できることから航空ファンの間でも人気が高い資格です。

受験資格

自家用操縦士・飛行機】17歳以上で、10時間以上の単独飛行や、夜間における離着陸および航法の実施を含む20時間以上の同乗教育飛行などを含む、40時間以上の飛行時間を有する者

【自家用操縦士・回転翼】17歳以上で、回転翼航空機による夜間における離着陸および航法の実施を含む20時間以上の同乗教育飛行や、オートロティションによる着陸などを含む、40時間以上の飛行の経験を有する者

試験内容

【飛行機】
〔学科〕

①航空工学(飛行理論に関する一般知識、積載および重量配分の基本原則並びにその飛行に及ぼす影響 ほか)
②航空気象(簡単な略図) 
③空中航法(地文航法および推測航法概要) 

④航空通信(概略) 

⑤航空法規(国内航空法規、国際航空法規概要)

〔実施〕

①運航に必要な知識

②飛行前作業 

③飛行場および場周経路における運航 

④各種離着陸並びに着陸復行および離陸中止 ⑤基本的な計器による飛行 ほか

【回転翼】
〔学科〕飛行機に同じ
〔実施〕飛行機の①②に同じ ③地表付近における操作 ④野外飛行 ほか

※実施の期日・場所等は、学科合格者に別途通知する

受験料

〔学科〕5,600円 〔実地〕46,400円 登録免許税:3,000円

問合せ先

国土交通省航空局技術部乗員課検定課係
〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3 
TEL 03-5253-8111
URL:http://www.mlit.go.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
ページの先頭へ