トップページ  »  資格大辞典トップ  »   車両・航空・船舶関連の資格  » 自家用操縦士(滑空機・飛行船)

資格大辞典

車両・航空・船舶関連の資格
 
自家用操縦士(滑空機・飛行船
 
内容

自家用操縦士(滑空機)の免許は、グライダー趣味として楽しみたい人のための資格で、動力滑空機と上級滑空機の2種類があり、スポーツ感覚で飛行したい人向けの資格です。一方、自家用飛行船はプロの事業用操縦士(飛行船)になるための最初のステップとしてチャレンジする人が多い資格です。

受験資格

【自家用操縦士・動力滑空機】

16歳以上で、出発地点から120km以上の野外飛行で、中間で1回以上の生地着陸などを含む飛行の経験を有する者

【自家用操縦士・上級滑空機】

19歳以上で、えい航による30回以上などの滑空を含む、単独操縦による3時間以上の滑空の経験を有する者

【自家用操縦士・飛行船】17歳以上で、1回以上の離陸を含む5時間以上の単独飛行などを含む、50時間以上の飛行の経験を有する者

試験内容

【動力滑空機】
〔学科〕

①航空工学 ②滑空飛行に関する気象 ③空中航法 ④航空通信概要 ⑤国内航空法規 
〔実地〕

①運航に必要な知識 ②飛行前作業 ③飛行場および場周経路における運航 ④各種離着陸並びに着陸復行 ほか

【上級滑空機】
〔学科〕

動力に同じ
〔実地〕

動力①~③に同じ ④えい航による飛行 ほか

【飛行船】
〔学科〕

①航空工学 ②航空気象 ③空中航法 ④航空通信 ⑤航空法規(国内航空法規、国際航空法規概要)
〔実地〕

動力の①~④に同じ ⑤基本的な計器による飛行 ほか

※実地の期日・場所等は、学科合格者に別途通知する

受験料

【動力滑空機】〔学科〕5,600円 〔実地〕40,100円 登録免許税:3,000円
【上級滑空機】〔学科〕5,600円 〔実地〕22,800円 登録免許税:3,000円
【飛行船】  〔学科〕5,600円 〔実地〕46,400円 登録免許税:3,000円

問合せ先

国土交通省航空局技術部乗員課検定課係
〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3 
TEL 03-5253-8111
URL:http://www.mlit.go.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
   

 

 

 
ページの先頭へ