トップページ  »  資格大辞典トップ  »   福祉・健康関係の資格  » 点字技能検定試験

資格大辞典

福祉・健康関連の資格
 
点字技能検定試験
 
内容

この検定試験は、点字に関する卓越した知識・技術を有する人に対して資格を付与することで、点字関係種類の専門性と社会的認知度を高め、合わせて点字の普及と点字の質の向上を図り、視覚障害者に的確な情報を提供することを目的として生まれた資格です。点字の読み書きが正確・迅速であるだけでなく、福祉の基礎知識も求められます。点字は、視覚障害者にとって必要不可欠なため、社会的にも重要な役割を担う資格です。

受験資格

点字製作に3年以上従事した者(日盲社協および社会福祉法人日本盲人会連合会において従事する者)

試験内容

〔学科〕2時間
四肢択一、点字で出題。解答は点字使用者は点字、墨字使用者は墨字
①障害者の実態の概要 ②現在の障害者福祉施設の概要 ③資格障害に関する基礎知識その他全⑧項目

〔実技〕2時間30分
①点字化技能試験:墨字使用者は墨字(普通文字、拡大文字)文を点字化する。点字使用者は原文を音声化したものを聞いて点字化する。
②校正技能試験:墨字使用者は墨字(普通文字、拡大文字)原文を照合し、誤りを指摘する。点字使用者は、墨字原文を音声化したものと点字文を照合し、誤りを指摘する。

*解答には点字器・点字タイプライター、あるいは鉛筆のいずれかを用いる試験は、校正労働大臣後援日盲社協社内検定試験である。

受験料

15,000円

問合せ先

日本盲人社会福祉施設協議会(日盲社協)社内検定試験事務局
〒162-0065 東京都新宿区住吉町14-6 ベルウッドビル202
TEL 03-3357-0090 
URL:http://www.ncawb.org/

 

← 前の資格
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ