トップページ  »  資格大辞典トップ  »   福祉・健康関係の資格  » 介護支援専門員(ケアマネジャー)

資格大辞典

福祉・健康関連の資格
 
介護支援専門員(ケアマネジャー)
 
内容

介護支援専門員(ケアマネージャー)は、介護保険制度において、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成機関)、および介護保険施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型病床群等)において、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職です。市町村から委託を受けた場合には、要介護認定のための調査を実施することもあります。地域に密着し、社会福祉の貢献するやりがいのある仕事です。

受験資格

保健・医療・福祉分野で5年以上かつ900日以上(一部10年かつ1,800日以上)の実務経験を有する者。詳細については各都道府県介護保険担当課にて確認。

試験内容

5肢複択式の筆記試験
〔介護支援分野〕①基本視点 ②介護保険制度論 ③ケアマネジメント機能論

〔保健医療福祉サービス分野〕
①高齢者支援展開論:高齢者介護総論、受託サービス事業各論、h市域密着サービス事業各論、介護予防サービス事業各論、地域密着サービス型介護予防サービス事業各論、介護保険施設各論、社会資源活用論

②要介護・要支援認定特論

*保健・医療・福祉関係の国家資格等所持者(医師、保健師、看護師、介護福祉士など)には、資格の種類によって一部試験科目の免除がある

受験料

6,000~9,500円程度(各都道府県の指定した場所)

問合せ先

各都道府県の介護保険担当課等

 

← 前の資格
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ