トップページ  »  資格大辞典トップ  »   福祉・健康関係の資格  » ケアクラーク技能認定試験

資格大辞典

福祉・健康関連の資格
 
ケアクラーク技能認定試験
 
内容

ケアクラーク技能検定試験は、ケアマネージャーが作成したケアプランが円滑に遂行されるよう、関係機関やサービス事業者などと連絡を取り合ったり、帳票類の作成や交付、介護報酬請求など、介護事務業務の従事者として必要な社会福祉制度や介護報酬請求事務などに関する知識と技能のレベルを評価、認定し、業務の向上と社会的な地位の向上等に資することを目的としています。ケアマネージャーをサポートする介護保険事務のエキスパート的な役割です。

受験資格

①教育機関などが行なう教育訓練のうち、認定委員会が認定規定により定める「ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者

②介護事務職として6カ月以上の実務経験を有する者

試験内容

〔学科試験〕択一式(25問、50分)
①人間関係(コミュニケーション)
②老人・障害者の心理
③社会福祉
他全⑫項目

〔実技試験〕
介護給付費明細書作成(2問、60分)

*合格基準:学科・実技おのおの100点満点で、おのおのの得点率が70%以上を合格とする。学科・実技共に資料等の持ち込み可能

受験料

6,000円(税込)

問合せ先

(財)日本医療教育財団 技能認定試験係
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL 03-3294-6624
URL:http://www.jme.or.jp

 

← 前の資格
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ