トップページ  »  資格大辞典トップ  »   福祉・健康関係の資格  » 福祉用具専門相談員

資格大辞典

福祉・健康関連の資格
 
福祉用具専門相談員
 
内容

福祉用具専門相談員は、介護が必要な高齢者や障害者に福祉用具をレンタルまたは販売するときに、選び方、使い方などのアドバイスをする専門職です。在宅介護が増えるとともに、福祉用具の種類が増え、性能も日々進化される中、利用者が器具を選ぶ際に適切なアドバイスが必要になってきました。用具を必要とする人の症状や障害の度合いをしっかりと把握し、用具を選定し、用法を分かりやすく説明するため、福祉用具に関する知識が求められます。

受験資格

特になし。
*厚生労大臣が指定する「福祉用具専門相談員指定講習会」の講義と実習を全40時間受講する。講習修了者には「修了証書」「携帯修了証明書」が交付される。ただし、介護福祉士、技師装具士、保健師、看護師、準看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士およびホームヘルパー2級以上の資格取得者などについては、受講を受けなくても福祉用具相談員として認められる。

試験内容

①老人福祉に関する基礎知識(2時間)
老人福祉制度の概要

②介護と福祉用具に関する知識(20時間)
介護に関する基礎知識、介護技術、介護場面における福祉用具の活用

③関連領域に関する基礎知識(10時間)
高齢者等の心理、 医学の基礎知識

④福祉用具の活用に関する実習(8時間)

受験料

講習会主催団体によって異なる

問合せ先

各都道府県介護保険主管課

 

← 前の資格
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ