トップページ  »  資格大辞典トップ  »   福祉・健康関係の資格  » 福祉住環境コーディネーター検定試験

資格大辞典

福祉・健康関連の資格
 
福祉住環境コーディネーター検定試験
 
内容

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者に住みやすい住環境を提案するアドバイザーで、高齢者や障害者が抱える身体的特性や生活特性、医療、保健、福祉用具などの福祉と建築双方に関する幅広い知識が求められます。住み慣れた自宅で生活することは、高齢者・障害者の自立の支援にもつながり、社会貢献的な仕事です。

受験資格

【3・2級】誰でも受験できる 【1級】2級合格者

試験内容

【3級】

マークシート方式
①少子高齢化社会と共存社会への道 ②福祉住環境整備の重要性・必要性 ③在宅生活の維持とケアサービス 他

【2級】

マークシート方式
①高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境 ②福祉住環境コーディネーターの役割と機能③障害のとらえ方

【1級】

マークシート方式
①福祉住環境整備の必要性と福祉コーディネーター1級の役割 ②地域で支える高齢者・障害者のケア
③地域福祉の推進(福祉のコミュニティづくり) 他

受験料

【3級】4,200円 【2級】6,300円 【1級】10,500円(各税込)

問合せ先

東京商工会議所検定センター
TEL 03-39989-0777(土日・祝日・年末年始を除く、10:00~18:00)
URL:http://www.kentei.org/

 

← 前の資格
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ