トップページ  »  資格大辞典トップ  »   福祉・健康関係の資格  » 精神保健福祉士

資格大辞典

福祉・健康関連の資格
 
精神保健福祉士
 
内容

精神保健福祉士は、精神保健福祉領域のソーシャルワーカーで、精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職です。社会福祉を基盤に、精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を通して、障害を抱える人の社会的自立をサポートするのため相談、助言、指導、援助が仕事の内容です。ストレス社会といわれる今日では、精神保健福祉士の役割はますます重要になりつつあります。

受験資格

①保健福祉系の4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
②保健福祉系の2年制(または3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(または1年以上)相談援助の業務に従事した者
③福祉系の4年制大学で基礎科目を修めて卒業した者などで、精神保健福祉短期養成施設(6カ月)を卒業した者
④4年制大学卒業者などで、精神保健福祉士一般養成施設(1年)を卒業した者
⑤4年以上の相談援助の実務経験者で、精神保健福祉士一般養成施設(1年)を卒業した者 他

試験内容

出題数は160問、総試験時間は225分
①精神医学 ②精神保健学 ③精神科リハビリテーション学 

④精神保健福祉論 ⑤精神保健福祉援助技術 ⑥社会福祉原論  

⑦社会保障論 ⑧公的扶助論 ⑨地域福祉論 ⑩心理学 ⑪社会学

⑫法学 ⑬医学一般

*社会福祉士が精神保健福祉士試験を受験する場合、申請により、上記科目のうち⑥~⑬が免除される

*精神保健福祉士試験と社会福祉士の同時受験が可能である

受験料

6,300円(組合員5,040円) 登録料:15,000円(各税込)

問合せ先

医療介護ネットワーク共同組合 介護施設管理士認定委員会
〒111-0051 東京都台東区蔵前2-17-7
TEL 03-5687-1311
URL:http://www.e-kaigonet.org/

 

← 前の資格
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ