トップページ  »  資格大辞典トップ  »   福祉・健康関係の資格  » 移動介護従事者

資格大辞典

福祉・健康関連の資格
 
移動介護従事者
 
内容

移動介護従事者は、障害者の外出を補助することで、社会への参加を援助する国家資格です。都道府県知事が指定する講習を修了することで取得できます。移動介護従事者の講習には、視覚障害者、全身性障害者、知的障害者を対象にした3種類の講習があり、受講資格は地域によって異なります。この資格は、移動介護従事者は、ガイドヘルパーや外出介護員とも呼ばれて、障害を持つ人たちの社会的自立の手助けとなり、社会的貢献度も高い仕事です。

受験資格

特になし 。
*ホームヘルパー2級以上または介護福祉士の資格を必要とするところがあるが、地域によって異なる。また、知的障害者(児)の移動介護には訪問介護員養成研修修了者または介護福祉士の有資格者はそのまま従事できるが、資格障害者(児)と全身性障害者(児)については、それぞれ該当する養成課程を修了しないと従事できない

試験内容

【視聴覚障害者移動介護従事者】20時間
〔講義〕

①障害者福祉にかかわる制度およびサービス(3時間)
②身体障害者居宅介護当(3時間)
③視覚障害者の疾病、障害等(2時間)
④基礎的な移動の介護にかかる技術(2時間)
⑤障害者(児)の心理(1時間)

〔演習〕移動の介護にかかる技術(9時間)

【全身性障害者移動介護従事者】16時間
〔講義〕

①②視覚障害者移動介護従事者に同じ(それぞれ3時間)
③全身性障害者の疾病、障害等(2時間)
④⑤視覚障害者移動介護従事者に同じ(④3時間、⑤1時間)

〔演習〕車椅子で移動の介護にかかる技術(4時間)

【知的障害者移動介護従事者】19時間
〔講義〕

①視覚障害者移動介護従事者に同じ(3時間)
②知的障害者居宅介護等(3時間)
③知的障害社の疾病、障害等(4時間)
④⑤視覚障害者移動介護従事者に同じ(④2時間、⑤1時間)

〔演習〕移動の介護にかかる技術(6時間)

受験料

各実施団体によって異なる

問合せ先

各都道府県、市区町村の福祉担当課

 

← 前の資格
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ