トップページ  »  資格大辞典トップ  »   福祉・健康関係の資格  »  社会福祉士

資格大辞典

福祉・健康関連の資格
 
社会福祉士
 
内容

社会福祉士は「社会福祉及び介護福祉士法」で位置づけられた国家資格です。専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害がある者、またはその環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談、助言、指導を行います。また福祉サービスを提供する者又は、医師その他の保健医療サービスを提供するその他の関係者との連携及び調整その他の援助を行ないます。高齢化社会を向かえ、今後の需要がさらに高まっています。その他児童にかかわる相談援助も行なうことがあるため、福祉全般の専門知識や技能が求められます。

受験資格

①福祉系の4年制大学等で指定科目を修めて卒業した者
②福祉系の2年制(または3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(または1年以上)相談援助の業務に従事した者
③4年制大学卒業者などで、社会福祉士一般用尾製施設等(1年、通信1年半~2年)を卒業した者
④児童福祉、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害福祉司および老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者 他

試験内容

出題数は150問、総試験時間は240時間
①社会福祉原論 ②社会保障論 ③公的扶助論 ④地域福祉論 ⑤心理学 

⑥社会学⑦法学 ⑧医学一般 ⑨老人福祉論 ⑩障害者福祉論 ⑪児童福祉論 

⑫社会福祉援助技術 ⑬介護概論 

*精神保健福祉士が社会福祉士試験を受験する場合、申請により、上記科目のうち①~⑧が免除される。
社会福祉士試験と精神保健福祉士試験の同時受験が可能である。

受験料

11,000円

問合せ先

(財)社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6
TEL 03-3486-7559
URL:http://www.sssc.or.jp/

 

← 前の資格
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ