トップページ  »  資格大辞典トップ  »   福祉・健康関係の資格  » 歩行指導員

資格大辞典

福祉・健康関連の資格
 
歩行指導員
 
内容

歩行指導員試験は、視覚障害者の歩行指導に関する能力を有するかどうかを試すための試験で、視覚障害者の歩行指導に関する能力を判定します。歩行指導員は、視覚障害者の眼となるアイメイト(盲導犬)になる候補犬の訓練・育成、歩行訓練、盲人に対するアイメイトによる歩行指導およびフォローアップサービスなどを担当します。5年間の研修期間を経た後、資格が取得できます。

受験資格

以下は、アイメイト協会歩行指導員入所試験の内容である
①高校あるいは大学卒業者。年齢上限は23歳 
②健康である
③身長は160cm以上であること(原則として)
④視力は正常で、矯正した場合でも1.0以上であること
⑤聴覚に異常がないこと
⑥忍耐強く、福祉の仕事を理解していること


試験内容

書類審査のうえ、面接と小論文により選考
*1回につき若干名の採用であるが、不定期の採用なので毎年実施されるとは限らない。4月1日入所で、それまでに普通自動車運転免許を取得しておくこと。研修期間は5年で、期間中は寄宿生活であるが、手当金が支給され、入学金、月謝、食費、寄宿費は必要ない

3年間の養成期間と2年間のインターンがあるが、実習が学習の主体となる
〔1年次〕

①犬関係(犬の飼育、犬の管理、犬の衛生、犬の生態)
②盲人関係(点字、社会福祉、盲人福祉)
③一般(倫理社会)

〔2年次〕

①犬関係(犬の心理、犬の繁殖、訓練一般、アイメイトの歴史、アイメイトの訓練)
②盲人関係(盲人心理、盲人歩行)
③一般(眼の構造、眼の働き、眼の疾病)

〔3年次〕

①犬の関係(犬の血統、犬の遺伝、獣医学初歩)
②盲人関係(盲人の生活と職業、盲人施設見学および研究)
③一般(教育学概論、教育学方法論)

受験料

15,000円

問合せ先

(財)アイメイト協会
〒177-0051 東京都練馬区関町北5-8-7
TEL 03--3920-6162
URL:http://www.eyemate.org/

 

← 前の資格
次の資格 →
 

 

 

 
 
ページの先頭へ